一人一人が大切な存在です

本当にやりたいことはこれだ!

起業のきっかけは、残りの人生を本当にやりたいことをやろうと思ったこと。

人生の残り時間を意識するようになって、これまでやり残したこと、やりたかったのにできなかったことを考えるようになりました。本当にやりたかったことをやるのは今しかない、これまで20年以上障がいを持つ人たちやその家族の方たちと関わってきた経験を生かして、カウンセラーとして、障がいのある家族がいる人たちに寄り添いたい、そんな思いが湧いてきました。

障がいがある人の家族の方が、自分に向き合い変わっていくと、障害のあるご本人も、どんどん変わっていく、そんな例をたくさん見てきて、家族を支えることがすごく大事なことなんだなと、ずっと思ってきました。

二度もうつ状態に

そして私は、若い頃に、二度もうつ状態になりました。その時に毎週のようにカウンセリングを受けて、気持ちに寄り添ってくれるカウンセラーの存在にどれだけ救われたことか。そのときの経験が、カウンセラーとしての原点です。

その時からずっと自分に向き合い続け、さまざまな心理療法を学んだ中で、マインドフルネス瞑想を取り入れたマインドフルネスセラピーと出会いました。たくさんのワークを受け、子どもの頃から、他人との間に壁を作って感じないようにして、自分を守ってきたことに気づきました。自然と少しずつその壁を崩したくなり、今は人とつながることが喜びです。

この方法を使って、少しでも多くの障がいのある家族がいる女性に、自分の人生を楽しんでほしい、これが私の本当にやりたいことだと、そう思ったのです。

自分の本当にやりたいことで、残りの人生を意味のあるものにしていきます。

一人一人が大切な存在です

私が大切にしていることは、今悩んだり、困ったり、生きづらさを抱えたりしている方の気持ちに寄り添い、ていねいに誠実にお話しをお聴きすること。

一人一人のお客様を大切な存在として尊重し、その人が自分らしさを取り戻し、そのままの自分を認めることができるように、全力を尽くします。

すべての人が生きる喜びを持てる社会に

若い頃に大切な人を自死で亡くした経験と自分自身の経験から「一人でも自ら生命を絶つ人を減らしたい」と言うのが、私のライフワークです。もしも今生きるのがつらいと感じている人がいれば、今はしんどくてつらくても、絶対に楽になる方法はあるよ、がんばって生きていると絶対にいいこともあるよ、と伝えたいです。

全ての人が、少しでも気持ちが楽になり、生きる喜びを持てるような社会を作るのが私の夢です。

 

一歩踏み出してみませんか?

将来が不安、どんな風に障がいのある家族に接したらいいのかわからない、何となく生きづらい、そんなときは、気持ちが楽になる方法や自分らしく生きる方法を、一緒に見つけていきましょう。

相談するのは勇気がいるかもしれませんが、思い切って一歩踏み出してみてくださいね。

ご相談をお待ちしております。

 

有料メルマガ
初回カウンセリング
イベント情報

無料メルマガ

有料メルマガ

無料メルマガ

カウンセリングメニュー

プロフィール

最新記事

  1. 子どもに障がいがあると、親は…. 子どもに障がいがある…
  2. どんなときにストレスを感じる? 発達障がいの子どもを持つ親…
  3. 発達障がいを持つ夫に疲れた 発達障がいの夫に疲れたとい…
  4. 引きこもりとは 引きこもりとは、「さまざまな要因によっ…
  5. どこに相談すればいい? 精神障がいのある家族がいると、…